小児期の予防を重視する代官山の歯医者さん

小児期の予防を重視する代官山の歯医者さん

日本でも、欧米諸国のように予防のために歯科医院に通うという考え方が浸透してきています。

そして、予防歯科の診療を行うクリニックも増えてきています。
代官山には予防を重視し特に低年齢の小児期からの定期検診を勧めている歯医者さんがあります。
子供の虫歯予防を考えるにあたり受診するタイミングについて悩むお母さんは多いのですが、代官山の歯医者さんでは乳歯が生えたらできるだけ早く定期検診の習慣を持つように勧めています。それは、乳歯や生えたての永久歯など子供の歯は柔らかく、酸に対する抵抗力もないために虫歯になりやすく、しかも進行のスピードが速いためです。
歯が生えはじめたら歯医者さんに通う習慣があれば、もしも要治療の箇所ができてしまっても早期対応が可能です。

代官山の予防重視の歯医者さんでは、小児期の虫歯予防体躯としてシーラントの処置を行っています。



シーラントというのは、生えたばかりの歯の噛み合わせにある大変深い溝をあらかじめ樹脂でふさいでおく処置です。

生えたてで軟らかい上に歯ブラシが届きにくいこの部分にシーラントをすることで虫歯に対する抵抗性のない時期を乗り切ることが可能です。
また小児期の虫歯予防には、フッ素も大変重要なポイントです。


フッ素は歯のエナメル質に作用して酸に強い歯を作ります。

目的別の朝日新聞デジタル情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

特に生えたばかりの軟らかい歯に対する感受性が強いので、代官山の小児予防歯科では低年齢のうちから定期的に塗布を受けることを奨めています。

代官山の予防重視の歯医者さんでは、これらの専門的な予防処置に加えて日々の歯磨きの指導などセルフケアもサポートしています。

渋谷のインプラント情報がリニューアルしました。

  • 医療の事柄

    • 欧米ではすでに主流となっている、予防処置を重視する歯科医院が日本でも増えてきています。代官山には虫歯や歯周病にならないために通う歯医者さんがあります。...

      detail
  • 基本知識

    • 口内に部分入れ歯が入っていると、そこだけものを噛む能力が弱くなるので、せんべいなどのかたい食品を噛むときに苦労することになります。部分入れ歯は残っている歯にバネなどをかけ、入れ歯を安定させているだけなので、ブリッジよりも噛む能力が低いうえ、バネをかけたときの歯への負担が大きいので、顎の骨が痩せやすくなります。...

      detail
  • 納得の事実

    • 歯は1本でもなくすと、食事がしにくくなりますし、それが前歯だったときには見た目が悪いので、早めに代わりになるものを入れなければなりません。かつては入れ歯や差し歯を使うしか方法がなかったのですが、近年はインプラントの人気が高まっているため、渋谷のクリニックでも治療を受ける人が増えています。...

      detail
  • 知っておきたい情報

    • 渋谷でインプラント治療を受けた経験のある人は多いですが、中には技術が低くて短期間で外れたり、痛みが長引くなどのトラブルもあるようです。渋谷でそんな話を聞くと、インプラント治療を受けるのが怖くなる人もあるでしょうが、事前に名医がいるかどうかを調べてから足を運べば、嫌な思いをしなくても済みます。...

      detail